「九条の会・わかやま」 8号を発行(2006年10月10日)

 今号は、1面には、九条の会・わかやまの「第2回呼びかけ人交流会」、そして「9月の各地九条の会」。2面には、呼びかけ人で建築家の中西重裕さんの「まちづくりと憲法九条」、和歌山市共同センター誕生、そして呼びかけ人牧宥恵さんの随筆です。
    ――――――――――――――――――――――――――――――
[本文から]

「九条の会・わかやま」が2回目の「呼びかけ人交流会」
それぞれの立場から積極的な提案
 [ホテル グランヴィア]

 「呼びかけ人の寄り合い」は、13名が出席。まず事務局を代表して柏原氏から「リーフレットが大好評を得たこと、『5・13平和のつどい』は、県下の『九条の会』46団体による共同開催を実現し、多くの人に勇気と感銘をもたらしたこと、ホームぺージを立ち上げて、全国や県下の様々な情報を提供してきたことなど、「会」の取組みが九条を守る県下の活動を励ますうえで大きなカを発揮し、今、安倍内閣が改憲と教基法改悪を緊急の課題とするなど激しい動きもあるが、他方では『九条の会』が全国的に急速に広がっているが県下でもさらに取組みを強めるため、皆さんの意見を聞かせてほしい」と挨拶。参加し たよぴかけ人全員から、それぞれの立場や、若者・婦人層に対する働きかけを重視する取組み、日々の<らしの中で平和の大切さや戦争の残忍性・愚かさを考えていくような取組み、音楽など文化分野の役割を生かした取組み、宗教者への働きかけなど、積極的な意見が出されました。今後の取組みとして、県下の九条の会の交流集会や、戦争展と共同したシンポやフォーラムの取組みなど、の提案がありました。さらに「もし、北朝鮮に若狭の原発が占拠された場合も戦うことはないのか」という意見も出され、これについて多くの 皆さんから様々な意見が出されましたが、「『九条の会・わかやま』は、9条を守る一点で一致する会であり、一定の結論を出したり、特定の見解を押し付けたりするような会であってはならないし、どんな意見でも由由に議論しあえるような会」という基本スタンスのもと真摯に意見交換が行なわれました。
 今後は今回の寄り合いで出された様々な意見や提案を軸に事務局で検討し、さらに、よぴかけ人の皆さんの意見を聞きながら具体化していくとしています。

    ------------------------------------------------

◆憲法改悪反対共同センターが東京で
全国交流集会、四百人が意見交換

 憲法改悪反対共同センターは、9月2日「第4回交流決起集会」を東京で開催し、26日から開催される臨時国会の国民投票法案阻止を初めとする当面のたたかいの意思統一と、憲法改悪反対の国民過半数世論の結集に向けた行動強化の方針を確認しました。
 交流集会には、46都道府県・地域から329人、労働組合・民主団体中央から86人、計415人が参加、由由法曹団団長の坂本修弁護士が「国民投票法案の危険な内容を読み解く」と題して講演を行ないました。
 会場発言の特徴は、@各地方・地域で学習・宣伝・署名を中心に自主的で創造的な活動を行ない、いくつかの地方では国民の過半数の獲得に向けた全訪問のローラ作戦が始まりつつあること、A過半数世論の結集軸となるのが「地域共同センター」であることの理解が広がり、全自治体をカバーする「地域共同センター」づくりが本格的に始まりつつあること、B秋の臨時国会で国民投票法、教育基本法改悪を阻止するたたかいの決意が語られた、E共同センターに結集する団体の全構成員が憲法を守る運動に参加することが、改憲阻止の基礎的な力となること、Dすべての団体、地方、地域で「憲法改悪反対」の一点で の思想信条を超えた共同の重要性が発言されたことなどです。

 職場「九条の会」が千百を超える

 全労連の調査では9月1日現在、職場「九条の会」が32都道府県で1114結成されていることが明らかになりました。地方毎に多いのは、大阪235、青森148、東京127、北海道・岡山83などです。
 全労連は7月の大会で、「職場・地域、分野から『九条の会』のアピールに応えた幅応い共同を広げ、すべての職場で「九条の会」の職場組織、全自治体をカバーする共同センターの確立と、過半数署名の達成をめざす。広範な労働組合への要請行動にとりくみ、憲法改悪に反対する共同を追求し憲法闘争の担い手づ<りを重視する」などを決めました。憲法を守るたたかいは、安倍新政権のもと、「戦後史をかけた課題」であり、勝利以外にない正念場のたたかいだとしています。

    ------------------------------------------------

【九月・全国各地の動き】

 憲法改悪反対共同センターが「第4回全国交流決起集会」四一五人。
 大阪寝屋川市で「かやしま九条の会」「西南地域九条の会」結成。
 「憲法改悪反対姫路共同センター」結成。
 「障害者 患者九条の会」1周年記念集会とシンポジウム。
 「ランナーズ9の会」大阪JR西九条駅から奈良近鉄九条駅までマラソン。
 「九条歌人の会」東京星陵会館で「憲法を考える歌人の集い」。
11 宗派を超え憲法を守る「東京宗教者平和の声」結成。
13 兵庫県の著名人7氏が「九条を世界に輝かせよう 兵庫県民のアピール」を発表。
16 「憲法九条を守る和歌山市共同センター」結成。。
16 「九条の会・わかやま」第2回呼びかけ人寄り合い。
16 自治労連が「憲法闘争をすすめる全国交流集会」東京。
17 和歌山よみきかせの会連絡会が「よみきかせ九条の会」を結成。
17 署名運動京都実行委員会が各地「9条の会」と交流会。
18 浄土真宗本願寺派が千鳥ヶ淵墓苑で「非戦平和を誓う全戦没者追悼法要」二千五百人の参加。
21 東京の大学院生有志が「東京院生九条の会」設立総会。
21 奈良共同センターが学習交流決起集会。
22 「憲法破壊の暴走政治を許さない―院内集会」。
24 九条二五条守る大阪障害者関係者の集い。
28 「スポーツ九条の会」が東京体育館で憲法学習会。
30 九条署名推進堺共同センターが「国民保護計画」で市民公聴会。
30 「憲法教基法守る宮城のつどい」三千七百人。
30 「教基法改悪ストップ佐賀全県集会」千七百人。

    ------------------------------------------------

まちづくりと憲法九条
    「九条の会・わかやま」呼びかけ人中西 重裕(建築家)

 過去の戦争をどう伝えていくか。大きな課題である。戦争は遠い昔のことではない。私たちにとっては父母の世代であり、子どもたちにとっては祖父母の時代のことである。もし戦争が40日早く終わっていたら、昔の伝統の残る重厚な町として和歌山市は存在していただろうし、街並みのみでなく人々のコミュニティーも存在していたと思う。今の和歌山市はアイデンティティーをつくることから始めなければならない。空襲によって和歌山市の受けた傷は深く、六一年たった今でもボディーブローのように効いている。焼夷弾で焼ける街と恐怖の中で逃げまどう人々。家族や友人や恋人が戦地で倒れる。大切な人の命が絶たれる。そんな悲しい時代がわずか61年前に存在した。今はその時代を知らない多くの世代がいる。しかし世界ではまだテロとの戦いや地域紛争という名の戦争が繰返されている。
 最近、和歌山市茶屋ノ丁に和歌山県自治会館が建った。以前この場所に宇治田邸(白水寮)があった。昭和12年に完成した邸宅は和洋接合の気品ある建物で、建物の西側には防火壁が設けられていた。煉瓦を三重に積み重ねモルタルを塗った壁は城壁のようであった。昭和20年7月9日の夜西側から炎が迫り、旧宇治田邸の西側一帯は焼けてしまったが、防火壁のあった宇治田邸から東一帯は焼け残ったのである。当主の宇治田さんは戦後近所の人に語っていた。敗戦の年の6月宇治田氏の長男はフィリピンに出兵し戦死している。「建物は防火壁があったおかげで焼け残ったが、息子は死んでしまった。建物は焼けてもいいから息子には帰ってきて欲しかった」。もし戦争がなかったら…。玄関上のベランダのついた洋室の観音開きの窓から今にも顔を出してくれるような情景がつい最近まであった。
 和歌山市は戦災を受けた地域は建物は新しくなり、昔の城下町の風情を感じることが難しい。時々、まち歩きをするが和歌山城周辺のコースでは「汀公園」周辺を歩く。この場所で748名が亡くなった。空襲を受けた街には今も力強く残る戦前のお屋敷もある。街を見ながら過去を知る。私たち人間には物事を想像する力がある。戦争の悲惨さを知ることで結果として憲 法九条を大切にすることにつながれば良い。戦争の悲惨さがわからなければ平和の大切さもわからない。この国の一人ひとりの意識を高め、政治や社会に関心を持つ。
 長崎や広島には原爆資料館があり、原爆の恐ろしさを伝えている。和歌山にも戦争の悲惨さを伝える場所「汀公園」がある。市立博物館の戦争展示のみでなく現地に慰霊碑と共に戦争の悲惨さを伝える空間があっても良い。近くのピルの一角がそのような場所になっても良い。まちづくりの中に戦争は今も大きな影を落としている。日常生活の中で戦争の悲惨さを私たちは伝えていく必要がある。その結果として憲法九条の大切さが多くの人々に伝わることを願う。

    ------------------------------------------------

和歌山市に 憲法9条を守る共同センター誕生
  過半数署名達成に全力

 9月16日(土)和歌山市勤労者総合センターで憲法9条を守る和歌山市共同センターの結成集会が100人の参加で開かれました。準備会を代表して和教組和歌山市支部の佐々木真理子支部長は「教え子を戦場に送らないためにも9条改悪を許さない運動を強めよう」と挨拶。「憲法9条を守るわかやま県民の会」の坂本文博事務局長が講演し「…改憲の目的が、イラク戦争などのアメリカの無法な戦争に日本を参加させるためであることがますますわかりやすく なっている。今年の世論調査で改憲賛成が減少傾向を示すなど、私たちの運動は世論を動かしつつある」と強調しました。集会は役員を選出して市民過半数署名達成に全力を挙げることなど 取組方針を決めました。(県民の会HPより)

    ------------------------------------------------

[宥恵の心のおき処]
  板絵修復の苦い思い出
   呼びかけ人 牧 宥恵 (画僧)

 9月16日の主な全国紙は、僕にとって興味ある記事が一面を飾った。「オウム真理教、松本被告死刑確定」と「高松塚古墳壁画解体前公開」である。この二つをコラムで論じようとは思わないが、仏教徒であることと仏画師である自身の立場からすると、それなりに整理しておかないといけないだろう。共通するのは、宗教の持つブラックホールというのか、詳しく書けないのが残念なくらい「救い」とは何かを訴えてくることだ。高松塚古墳の場合は、被葬者が誰なのか問題ではなく、黄泉の国へ送る棺の周りに埋める装飾品や壁画であったりする不思議を考えるところの「救い」というものだ。余談になるが、壁画の劣化がひどいので保護せざるを得ないというのもどうかな、と考古学を得意としない僕は少しいぶかっている。逆説だが、「『死』がなければ宗教はいらない」とどちらも言えるかもしれない。となれば、「生の中 に宗教(救い)というブラックホールは潜んでいる」ともいえる点が難しいところなのかも知れない。高松塚古墳の壁画修復で思い出すのは、15年程前、仏画を描くというだけで、奈良にある大寺の三重の塔内に描かれている祖師像(8体)に剥離している個所が見つかり修復を頼まれ、何の修復技術も持たない僕が、門前町の旅館に2週間泊って悪戦苦闘したことだ。三重の塔は昭和に入ってから建造され、板絵にするには硬すぎるケヤキの類の板が使ってあった。その時は一目見て、立派過ぎる板で、絵の具が板に定着していないのと、閉めきりのお堂の湿気がその板との間に入り込んだのが原因と分かった。しかし、「ではどうすれば?」という段になって技がついていかない。膠を強くすることでピンセット、針などを使いながら修復を終えた。よほど懲りたのか、片付けてほっとして荷物を持ち上げたとたんにギックリ腰になった。いまはもう苦い思い出だ。高松塚古墳はカピが原因なので、いままでにない大掛かりな修復技術を要すると思う。だが、34年前の発見時、今の空気に触れるとどうなるのか予見できたはずなので、思慮が浅かったと言わぜるを得ない。これも逆説的なことを言うと、今の空気と古代の空気が違うことが棺を発掘することで分かったのだから、古代人からの戒めかも知れない。 (毎日新聞より転載)

    ――――――――――――――――――――――――――――――
(2006年10月9日入力)
[トップページ]