×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  守ろう9条 紀の川 市民の会 第9回総会

 総会に先立って、二宮 厚美氏(神戸大学名誉教授)が「さし迫る戦後最大の憲法の危機 〜戦争する国への企みにどう立ち向かうか〜 」と題して講演されました。
 「総選挙の結果、安倍自民党内閣の脇を固めた維新・みんなが改憲を迫る危機的な状況。参院選も同様の結果になれば衆参の選挙なしで4年間自由にできる重大な危機。維新など改憲勢力には生活を破壊する弱点もあることを押さえて、若者が来る参院選でそちらに流れないように奮闘することが急務。」という主旨を分かりやすく具体的な事例を挙げながら説かれ、多くの参加者が熱心に聞き入っていました。
 休憩の後、総会が行われました。  (写真提供:同会の南本勲さん)



▲ 守ろう9条 紀の川 市民の会 原代表挨拶



▲二宮厚美氏講演1



▲会場風景1



▲二宮厚美氏講演2



▲会場風景2



▲二宮厚美氏講演3



▲二宮厚美氏講演4



▲金原氏報告



▲原代表報告

――――――――――――――――――――――――――


(2013年3月30日入力)
  [トップページ]