×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  [和歌山市で統一署名とアピール行進]

 憲法記念日の今日5月3日、国会での改憲の動きが勢いを増す中、憲法9条を守る和歌山弁護士の会の呼びかけに応じて、午前11時から12時過ぎまでJR和歌山駅西口で統一署名がおこなわれました。良いお天気で連休にもかかわらず諸団体から70名あまりが参加し、道行く人から271筆の署名が集まりました。
 つづいて12時30分ころアピール行進に出発、和歌山城までの大通りを子どもを含む160名以上が、「戦争反対」「平和で行こう」「憲法9条を守ろう」と声を合わせて訴えました。
 多くの人と声を合わせて一定のアピールができ、運動に元気が出たと思います。
 しかし、「戦争をしないと決めた憲法9条を守りましょう」という署名の訴えに立ち止まる人がある一方、「国を守るべき」という理由で断る50代くらいの女性もあり、今後の国民的論議の課題と感じました。おなじくアピール行進のときに幸福実現党の宣伝カーが付きまとって、女性の声で「憲法9条では国を守れない」と流していたことにも同じことを感じました。(文:柏原)















――――――――――――――――――――――――――


(2013年5月3日入力)
  [トップページ]