×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【チラシ】


▲ @チラシ表面


▲ Aチラシ裏面・会場案内図


(文字情報)

憲法を変えて「戦争が始まらないの?」「わたしたちの暮らしはどうなるの?」「領土問題は本当に解決するの?」など疑問や不安がいっぱいです。みんなで学び・考えましょう。

4・21学習会に参加を
憲法について考えましょう

 安倍首相をはじめ、「憲法を変えよう」と合唱し始めている人たちがいます。
 なんのための「憲法改正」でしょうか?わたしたちの暮らしが良くなるのでしょうか?とんでもありません。大切なことは、政治と暮らしに憲法を生かすことです。中国との間にある領土問題は解決するのでしょうか?武力などではなく歴史にもとづいた冷静な外交で解決すべきです。
 憲法は、戦争や武力行使をしないと9条で決めています。「国防軍」「核武装」などと言い出しているのが不安です。
 今、なぜ「憲法改正」なのでしょうか。
みんなで考え合いましょう。どうしたら暮らしやすくなり、平和な世の中を子どもたちに残してやれるかを。

 日時:4月21日(日)午後2時〜
 場所:木本地区会館
 講演:金原徹雄さん(弁護士)
  「なんのための『憲法改正』か?」

主催:憲法とくらしをみんなで考える河西実行委員会 (九条の会きし・河西革新懇準備会 ほか)