×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


【チラシ】




【文字情報】

「秘密保護法」に反対する市民集会

 国民に知られたくない情報が隠蔽される可能性があり、さらに指定された情報を
漏らしたり、知ろうとするものを厳罰に処するという「特定秘密保護法案」が国会に
提出され、安倍政権は12月6日の会期末までに成立させようとしています。
 憲法で保障された基本的人権を侵害し、国民主権を無視し、議会制民主主義を
空洞化することになる「秘密保護法案」の制定を断固阻止しなくてはなりません。
 つきましては多くの市民の皆様にこの法案の危険性を知らせるために市民集会を
開催いたします。ぜひご参加をお願いいたします。

講演 「特定秘密保護法案の危険性」
講師 日弁連秘密保全法制対策本部事務局次長
    弁護士 太田 健義(おおたたけよし)氏
日時 2013年11月26日(火)午後6時〜8時30分(開場午後5時30分)
場所 和歌山弁護士会館4階講堂(収容人数90名)
         太田 健義(おおたたけよし)弁護士(大阪弁護士会)
予約不要
入場無料
主催 和歌山弁護士会
    〒640-8144 和歌山市四番丁5番地
    TEL 073−422−4580  FAX 073−436−5322