×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


【チラシ】




【文字情報】

守ろう9条 紀の川 市民の会
第9回総会

 第2次安倍政権のもとで、憲法が重大な危機に直面しています。自民党は、昨年4月に「憲法改正草案」を発表し、衆院選挙では「国防軍」創設などの憲法改悪を公約しています。日本維新の会、みんなの党も改憲を公言しています。安倍首相は7月の参院選後に動きを本格化し、自分の任期中に改憲をする構えです。彼らの狙いは憲法9条を変えて、日本を戦争ができる国にすることです。
 侵略戦争への痛切な反省から生まれた憲法9条があったからこそ、日本は戦後68年間、戦争によって1人の外国人の命も奪っていません。これは世界に誇るべきことです。この名誉ある平和国家の看板を捨てて、日本を「戦争をする国」にしてはなりません。私たちは、「自民・維新・みんな」などの改憲勢力にどう立ち向かえばいいのか、みなさんとご一緒に考えたいと思います。

※総会はどなたでも参加できます。もちろん無料です。多くの方にご参加いただきたいと願っています。

日時:2013年3月30日(土)午後1時30分〜
場所:河北コミュニティセンター 2F多目的ホール
    和歌山市市小路192−3(Tel:073-480-3610)
    南海本線 「紀ノ川駅」下車すぐ(改札を左折50m、左折し踏切を越え100m、右側)。和歌山バス 六十谷線(川永団地⇔南海和歌山市駅)「梶取東バス停」下車すぐ

◎第1部 記念講演 13:40〜15:10
 演題:さし迫る戦後最大の憲法の危機
    〜戦争する国への企みにどう立ち向かうか〜
 講師:二宮 厚美 氏(神戸大学名誉教授)

◎第2部 総会議事 15:15〜16:00

守ろう9条 紀の川 市民の会
お問い合わせ先 073-455-6144 萩田