×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


【チラシ】




【文字情報】

新「現代日本の開化」と憲法9条
── 夏目漱石和歌山講演から100年目に考える ──
講師 小森陽一氏(「九条の会」事務局長)
(東京大学教授、日本近代文学研究者)

日 時 2011年7月30日(土)
    13:00〜15:00(受付12:30〜)
会 場 和歌山商工会議所4F大ホール
    〒640-8567 和歌山市西汀丁36
    TEL.073-422-1111   FAX.073-433-0543
参加協力券 500円(当日券:500円、高校生以下無料)

漱石研究の第一人者が語る真の「内発的開化」!
 100年前の1911年(明治44年)8月15日、和歌山県会議事堂において、夏目漱石(1867〜1916)が「現代日本の開化」という講演を行いました。
 「西洋の開化は内発的であって、日本の現代の開化は外発的である」ではじまるこの講演は、夏日漱石の数ある講演の中で、漱石の思想の核心を示すものとして、日本近代思想史上、重要な意味をもっているといわれています。
 沖縄の基地問題をめぐる混迷、TPP(環太平洋経済連携協定)への参加を見るにつけ、日本が内発的な開化を遂げることを阻んでいるものは何かを考えることは、今なお私たちの課題であり続けています。
 この記念すべき年にあたり、夏目漱石研究者であり、また「九条の会」事務局長でもある小森陽一氏を和歌山にお迎えし、講演会を開催いたします。多くの方にご参加いただきたいと思います。

小森陽一(こもりよういち)プロフィール
1953年東京生まれ。北海道大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程修了。現在、東京大学教授。専攻は日本近代文学、2004年6月に結成された「九条の会」事務局長。
主な著書に『漱石論─21世紀を生き抜くために』(岩波書店)、『大人のための国語教科書』(角川書店)、『天皇の玉音放送』(五月書房)、『最新宮沢賢治講義』(朝日選書)、『漱石を読みなおす』(ちくま新書)など著書多数。

主 催/9条ネットわかやま
協 賛/九条の会・わかやま 憲法9条を守る和歌山弁護士の会
連絡先/トライ法律事務所 〒640-8152和歌山市十番丁12番地 十番丁ビル4階
    TEL.073-428-6657 FAX.073-428-6558