×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


【チラシ】



【文字情報】

みなべ「九条の会」学習会
「集団的自衛権の行使」で日本国はどう変えられようとしているのか。
さそい合ってご参加ください

元自衛隊員が語る
『集団的自衛権と平和』
●11月8日(土)夜7時〜8時半 質問の時間をつくります
●南部公民館 3階
●講演 渡邊 孝 氏

渡邊さんプロフィール
・1952年宮崎県で生まれる
・18才で自衛隊に入隊 21才まで
・白浜町へ転居して15年
・白浜九条の会員
・白浜町ボランティア団体「白浜愛創会」で活動
・紀伊民報に自分の思いを折々に投稿(最近の記事を下に紹介)

紀伊民報 声の欄
2014年9月27日記事
渡邊 孝
 白浜町中央公民館で講演させていただいた。…中略…40年前の航空自衛隊勤務当時の話題から始め、訓練中の戦闘機や救難機の墜落事故で捜索に出動し、そこで体験した隊員の遺体と機体の回収作業について話した。自動車事故とは比較にならない航空機事故の激しさに絶句した。
 安倍総理は国連決議を大義名分にして、集団的自衛権を発動し、自衛隊を外国へ派遣しようとしている。閣議決定という憲法を無視した行為をどう考えているのか。議員らは自衛官の事故死を見たことがあるのだろうか。私は見た。…後略…
続きは講演でお聞き下さい。

みなべ「九条の会」ホームページ→ http://www.minabe9jyounokai.com/  <ここをクリック>