×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【チラシ】



(文字情報)

青法協憲法記念行事 憲法を考える夕べ
放射能汚染の時代
〜3.11後の世界をどう生きるか〜

【講師】京都大学原子炉実験所助教
    今中 哲二 氏(いまなか てつじ)

【プロフィール】
京都大学原子炉実験所・助教。専門は原子力工学。
大学院時代より日本の原子力開発の在り方に疑問をもちはじめ、研究者としては、原子力を進めるためではなく原子力利用にともなうデメリットを明らかにするための研究に従事。広島・長崎原爆による放射線被曝量の評価、チェルノブイリ原発事故影響の解明、セミパラチンスク核実験場周辺での放射能汚染調査などを行っている。
1950年、広島市生まれ。 1973年、大阪大学工学部原子力工学科卒業。
1976年、東京工業大学大学院修士課程原子核工学修了。1976年4月より現職。

入場無料
2012/4/27
午後6:00開演(5時30分開場)
プラザホープ4階ホール
和歌山市北出島1丁目5−47
主催◎青年法律家協会和歌山支部
連絡先/和歌山市十二番丁10 和歌山合同法律事務所 TEL.073(433)2241